科学機器商社様は、
一般的なアルミホイル(11μ・12μ)ではなく、
市販では最も厚手(17μ)の三菱ホイルタフを継続購入
いただいています。

アルミ箔は、15μ以上にはピンホールがないと言われています。
その為、科学機器商社様は、お客(科学関連の会社・大学)様の
実験等では市販品の中で最も厚手でピンホールの無い
三菱ホイルタフ(17μ)をお使いになると考えられます。

科学機器商社様に人気の三菱ホイルタフ
画像

三菱ホイルタフ30cm×50m

三菱ホイルタフ

三菱ホイルタフは、2タイプ
三菱ホイルタフ幅30cm×長さ25m
三菱ホイルタフ幅30cm×長さ50m

【三菱ホイルタフ】は、【厚手:厚みが17μ】。
*一般的なアルミホイル(家庭用11μ、業務用12μ)
*三菱ホイルタフは、片面光沢

家庭用アルミ箔の場合、片面は、光沢面で、
反対面は、艶消し面になります。
アルミニ箔は、薄い為に、強さの確保と圧延効率の為、
仕上げ圧延は2枚を重ねて圧延します。
この時、上下の圧延ロールに接触する面が光沢面となり、
アルミ箔同士が接する面が艶消し面となります。
2枚重ねて圧延するのは、一般的に50μ以下、又、
1枚圧延は50μ以上となります。

片面光沢(片方が光沢仕上げで反対面が艶消面)
—–7μ~50μ

両面光沢箔 (両面とも光沢仕上)
—–50μ~100μ

三菱ホイルタフよりもっと厚いアルミ箔なら当社の
別注アルミ箔が有ります。
*別注アルミ箔は、7μ~100μ迄豊富なアルミ箔原反有ります。