使い終えた祝い箸(祝箸)は、小正月(1月15日)の
”どんど焼き”の時に注連飾り(しめかざり)などと共に
祝い箸(祝箸)を氏神様(氏神神社)に持参して燃やすのが習わしです。
*お住いの地域により異なりますので氏神神社様にて
ご確認ください。
どんど焼きのご案内
画像

どんど焼きの案内

—————————————–

どんど焼きは、歳神さまをお送りする神事です。
お正月や神社・神事に関する物で燃える物だけ
燃やせます。
浄火を保つため係員の指示に従ってください。

「次の物は燃やせません」
ミカン類・餅・干柿・生花・書物・本・写真・
衣類・果物・おせちの容器・年賀はがき・
その他の燃えないもの・お寺や仏事に関するもの
その他の物はお持ち帰りください。

為那都比古神社様
———————————————

どんど焼きの案内に上記の
注意書きが今年は追加されていました。
どんど焼きに持参して燃やして良い物と
燃やしてはいけない物が識別されずに
持ち込まれている事がこの注意書きから
読み取れますね、

どんど焼きは、歳神さまをお送りする神事です。
お正月や神社・神事に関する物で燃える物だけ
燃やせます。

ご注意くださいね。

情報
———————————————
┃松の内┃
松の内とは「門松を飾る時期」のことをいい、
また、神様に待ってもらっている期間のことです。
—–
一般的にはこの松の内の期間、正月飾りを飾ります。
松の内の期間は一般的に、12月13日から7日まで。
関東では1月7日、関西では1月15日、九州は、7日迄となっております。
*地域により異なるので詳しくは、
—————————–
しめなわ
しめ縄は、神道における神祭具で、
糸の字の象形を成す紙垂死ねをつけた縄をさす。
標縄・七五三縄・〆縄とも表記する。
———————————–